兵庫の森から

関東から関西へと住まいを移した記録

高層階は湿度が低い?

これは良い点なのか悪い点なのか。
低層階から高層階への転居だったのですが、高層階に移ると非常に空気が乾燥している。
今まで低層階だったので、低層階が湿度が高すぎるとも言えるのですが。

ちゃんとコンクリートの基礎がしっかりしている建物だったので湿度が原因のトラブルとかはなく。
空気が乾燥しすぎているとお肌が乾燥したり、風邪を引きやすくなったりするので、私はこっちの方がきつい。
でもこの環境に慣れなければいけないので、加湿器でも導入しようかな〜。

空気清浄機にも加湿機能は付いているらしいが、置く場所がない。
コンパクトな加湿器にしようと思うが、これから暖かい季節になるから実際に買うのは秋になるのかね。
湿度とか気圧って人によっては体調を狂わされるくらいの問題だと思います。

実際に季節によって、体調が変わる人もいますし。梅雨の時期は誰だって気分が良くないものです。
まぁ一日中家にいるわけでもないから、多少のことは我慢しますが。
高層階のメリットである眺めの良さは体感していますし。

あと高層階のデメリットはエレベーターが面倒くさいね。高層階だと1階から呼ぶと時間がかかってその時間にややストレス。
階段で行こうにも気軽に行ける階数じゃないし、これは不可避な問題。
通勤時間帯を避ければ大した問題ではないんですけどね。

まだまだ高層階に適応するにはちょいと時間がかかりそうです。